『豊原駅の歌』について






栃木県は那須町にある

関東最北端の駅 豊原駅

140年前に出来た

この小さな駅のための

音楽ができました。

地元の酪農家であり、

長年に渡り

この豊原駅を利用する

子供たちのために

交通指導員をなさっている

​磯 由起子さんが作詞を担当。


歌は

ビューティフルハミングバードでも

おなじみの小池光子さん。

ピアノは現代音楽から

ブラジル音楽まで

幅広く活躍されている

岡野勇仁さん。


作曲・プロデュースは石田多朗です。

ピアノと歌だけの

非常にシンプルなものですが

どこに出しても恥ずかしくない、

いい曲になりました。

​ぜひ、お聴きください。






←こちらで視聴が可能なほか、

SpotifyiTunes/Apple Musicでも聴けます。











豊原駅の歌

(作詞:磯由起子/作曲:石田多朗)


水は清き黒川の 

強き流れ聞きながら

那須のすそ野にひっそりと


出会いと別れ 笑いと涙

思いでたどれば明治二十年


那須の水害も越えて来た


春は ピカピカランドセル

夏は クワガタさがし

秋は かくれんぼ

冬は おしくらまんじゅう


けんかしたけれど すぐ仲直り

今日も僕たちの笑顔を待っている


澄んだ空気 さわやかな風

すべては桜とともに


関東最北端 豊原駅