『DRIFTER』 について




©qubibi




2013年に石田多朗が制作に携わったインタラクティブな映像作品です。


監督・制作は QUBIBI

歌は小説家の 志茂田景樹

サウンド・デザインは中岡将二郎

・・


という面々の中、メインテーマの作曲を担当しました。


永井豪の『デビルマン』を現代に蘇らせるというテーマのもと制作された作品です。


この作品は説明するのが非常に難しい・・と思ったら

qubibiこと勅使河原さんが、ネット上に解説を書いていました






『デビルマン』において描かれる終末観は、

それはそれはすさまじいものでしたが、

本作品でもその感覚が息づいています。


明日、この世が終わる、世界が終わる時・・

リオ・デ・ジャネイロの海岸に沈む太陽を皆で眺めつつ歌う歌。


そんなところからボサノバの曲を作ったのでした。


ブラジルの音楽は全般的に、この世に対する諦めの感覚を、

多かれ少なかれ宿しているように感じます。


(2019.09.16追記)