プチプチ・アニメ「ティーチ」(Eテレ)の音楽を作ったときの話



©横田光隆・NHK・NEP


NHK教育テレビ(Eテレ)で昔から続くクレイアニメの番組『プチプチアニメ』

の一つ「ティーチ」の音楽、効果音を石田多朗が担当しています。


ティーチという猿の海賊が、世界を旅するシリーズ。

監督の横田光隆さんのセンスが凝縮された素敵なアニメーションになっています。

絵本は普通は子供むけのものですが、大人の目で見ても芸術性の高いものが多々ありますよね。

そういう類の作品だと思っています。


プチプチアニメは、一度放映したものを時間を置いて何度も再放送をするので、

このティーチもいまでもよくテレビで流れています。

NHKのこちらのサイトで放映スケジュールが見られますので、

よかったら時々、チェックしてみてください。


番組の最後に


アニメーション:よこたみつたか

音楽:いしだたろう


と、子供でも読めるようにひらがなで自分の名前が出るのですが、

昔から知っている番組に、自分の名前がこういう形で出たのを見た時は

嬉しかったな~


本作品はDVDにも収録をされているようですので、

そちらもよろしくお願いいたします。






「ティーチが世界を旅する」


そのコンセプトを表現するために、ティーチのテーマ(メロディ)は少ない音数で、シンプルに作られています。なので、いろんなジャンル、雰囲気の伴奏-メキシコの音楽、インドの音楽、イギリスの音楽 etc…-で演奏をすることができるんです。


それと、本作では珍しく、効果音も石田多朗が作っています。


昔から、チェコアニメが好きなのですが、

あの、クオリティ・洗練さよりも、質感、雑味が楽しめる効果音を意識しています。


紙をこすったり、木を叩いたり、声を加工したり、

いろいろなことをして効果音を作った思い出があります。


映像に音を付けるのは、締切さえ迫っていなければ、とても楽しい仕事です。